忍者ブログ
沖縄で活動中のフォトグラファーt.nehalaの日記
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つぶやき
新着コメント
[02/12 ティカ]
[02/12 PORCO]
[01/22 ろびん]
[01/22 野崎]
[01/21 のりちゃん]
Flickr
www.flickr.com
tomoya nehala's items Go to tomoya nehala's photostream
新着トラックバック
(11/08)
(03/06)
currentBlogList
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


雑貨屋の一角
使用機材:Fujifilm S3pro Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
ISO100  F2.8  1/30s

写真はこの前取材に行った雑貨屋さんの一角です。
雑貨屋はディスプレイがかわいいから色々撮りたくなる

話は変わりますが、昨日は「カメラボディー選び方」をしたので、
今日は「レンズの選び方」いきま~す。

レンズの選び方

カメラ店で

「カメラをはじめて買うんですが」

と相談すると、店員さんに勧められるレンズは「標準ズームレンズ
」です。

このカメラ店店員がお勧めするズームレンズは開放絞り値が暗く、
かなり使いにくいため今後の発展性も望みにくいです。

各メーカーが出してる廉価版のズームレンズ(例えば28mm-8
5mm
)は、28mmのときの開放絞りが「F3.5」でも、85mmに持
っていくと「F4.5」とゆう絞りになり、元々暗いレンズなのに、望遠
側にもっていくとさらに暗くなってしまいます。

この手のレンズを使用すると、薄暗い日中や、夜間や、室内での撮
影の時にシャッタースピードが遅くなるので、撮影しにくくなってしま
います。

また、ズームレンズだけを使用してると、最広角側(例えのレンズだ
と35mm)と最望遠側(例えのレンズだと85mm)の違いは見てとれ
ますが、中間の画角を知ることが難しくなります。

例えば35mm50mmの差は、結構ありますが、ズームレンズを使
ってると撮影者は「ズーミング」に頼ってしまって、中間の画角が曖昧
に感じてしまいます。

ズームレンズをすでに持っている人はズーミングを封印し、焦点距離
を固定して使うか、「単焦点レンズ」を使うことをおすすめします。

単焦点レンズも色々ありますが、入門者用としてお勧めなのが、やっ
ぱり「50mmの標準レンズ」です。

50mmのレンズは開放絞り値も「F1.4」とか「F1.8」と明るく、値段
も結構手頃なので、一本持っていても損は無いレンズです。

写真の撮影はフットワークが大事です。

カメラポジションやフレーミングは撮影者が被写体との間を自由に動
き回ることで身につきます。

初めて一眼レフカメラを買う人にはまず50mmの標準レンズで画角
に慣れてから、徐々に交換レンズを増やしていくことをお勧めします。


ランキング参加中
ランキングUP!!写真部門309位です。
人気ブログランキング

ランキングUP!!写真部門39位です。
ブログランキング
↑お役に立てたらポチット投票お願いします↑


※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]
プロフィール
HN: t.nehala
年齢:40
HP:t.nehala
性別:男性
誕生日:1977/10/11
職業:Photographer
趣味:写真
自己紹介:沖縄で活動するフォトグラファー
ブログ内検索
参加ランキング
バーコード
広告