忍者ブログ
沖縄で活動中のフォトグラファーt.nehalaの日記
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
つぶやき
新着コメント
[02/12 ティカ]
[02/12 PORCO]
[01/22 ろびん]
[01/22 野崎]
[01/21 のりちゃん]
Flickr
www.flickr.com
tomoya nehala's items Go to tomoya nehala's photostream
新着トラックバック
(11/08)
(03/06)
currentBlogList
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんは年賀状はもう書きましたか?

僕のほうはプライベート用のは出来たんですが、
お仕事用の宛名書きがまだ
さっきまで宛名書き(といってもPCに打ち込むだけなんですが)をしてました。

で疲れたので、ちょっと息抜きにブログを更新してみようかなと思ってます
「ん?何で疲れてるのにぶろぐこうしんかぁ!!」
って突込みがきそうですが
気にせず書くぞ!!

さて、『シャタースピード』の説明の続きで、

被写体ブレ』の話でしたね、

被写体ブレ』は『手ブレ』と違って動きの早いものを遅いシャタースピードで撮影するときに起こります。
(たとえば、新幹線とか、飛行機とか、車とか、走ってる人とか)
これの解決策としては、早いシャータースピードで撮影するしかありませんが、
あえて『被写体ブレ』を生かした撮影方法もあります。

その方法は『流し撮り』といって被写体にあわせて、カメラを動かしながら撮影する方法で、
よく、車やレーシングカーのポスターや写真で、車にピントが合ってるけど、
背景が流れてように写ってるモノです。

その他にも、交差点とかで、モデルさんが立ってて、その周りの人たちだけが動いてブレてる写真や、
モデルさんの手足をブレさせて、動きを出す撮影方法や、
手足をブラす
使用機材:
Fujifilm S3pro Nikon AF-S ED17-35mm F2.8D 
 (35mm)  ISO1600  F2.8  1/60s

滝とか川で、遅いシャタースピードを使って、水の動きを表現する方法とかがあります。
水を流す
使用機材:
Fujifilm S3pro Nikon AF-S ED17-35mm F2.8D 
 (35mm)  ISO100  F11  1/15s

もちろんその逆で、早いシャタースピードを使って、被写体の動きを止める撮影方法もあります。
動きを止める
使用機材:
Fujifilm S3pro Nikon AF-S ED17-35mm F2.8D 
 (35mm)  ISO100  F4  1/125s

さて、『シャタースピード』について説明しましたがわかったでしょうか?
わかりずらかったかな?
何か質問とうがありましたら、コメントにでも書いてくださいね。
出来るだけお答えするようにしますんで。


ランキング参加中
ランキングUP写真部門276位です。
人気ブログランキング

ランキングUP写真部門36位です。
ブログランキング
↑よかったら投票してください↑

 

※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]
プロフィール
HN: t.nehala
年齢:39
HP:t.nehala
性別:男性
誕生日:1977/10/11
職業:Photographer
趣味:写真
自己紹介:沖縄で活動するフォトグラファー
ブログ内検索
参加ランキング
バーコード
広告