忍者ブログ
沖縄で活動中のフォトグラファーt.nehalaの日記
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
つぶやき
新着コメント
[02/12 ティカ]
[02/12 PORCO]
[01/22 ろびん]
[01/22 野崎]
[01/21 のりちゃん]
Flickr
www.flickr.com
tomoya nehala's items Go to tomoya nehala's photostream
新着トラックバック
(11/08)
(03/06)
currentBlogList
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日はやっと露出補正とその方法について説明します。

まずは二つの状況を想像してください。

①白い砂浜に白い水着を着た白人女性が寝そべってるシーン

②黒い岩場に黒い水着を着た黒人女性が寝そべってるシーン

想像しましたか???

って変な方向に進みそうですが、ちゃんと意味があってのたとえです。

上の二つのシーン、カメラの内蔵露出計では「出た目」(露出計の値)
がまったく違って出てきます。

つまり、①と②とでは反射率が極端に違うため、同等の光があたって
いても、露出値は二~三段階の差が生じてきます。

そのために、撮影者は適正露出を得るためには被写体の反射率の
違いを把握して、カメラ側の「露出補正」を実行しなければなりません。

そのためには、まず以下の事を覚えてください

①白っぽい被写体⇒反射率が高い

②黒っぽい被写体⇒反射率が低い

次に「露出補正ダイヤル」の操作を行います。

①白っぽい被写体を撮影するときは反射率が高いので、露出がアンダ
ー目に出てるので、露出補正ダイヤルをプラスにまわします。

②黒っぽい被写体を撮影するときは反射率が低いので、露出がオーバ
ー目に出てるので、露出補正ダイヤルをマイナスにまわします。

ほとんどのカメラは、露出補正量を二分の一、あるいは三分の一ステッ
プで設定でき、二段階までのプラス補正、マイナス補正が出来ます。

他にもプラス、マイナスの補正に以下の条件も加えて実行してみてくだ
さい。

①反射率が高い被写体⇒プラス補正=「白っぽい被写体⇒プラス補正」
=「逆光⇒プラス補正」

②反射率が低い被写体⇒マイナス補正=「黒っぽい被写体⇒マイナス補
正」=「背景が暗い⇒マイナス補正」

上の写真もプラス1段半の露出補正をしてます。
使用機材:Fujifilm S3pro Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
ISO100  F2.8  1/60s


ランキング参加中
ランキングUP!!写真部門268位です
人気ブログランキング

ランキングUP!!写真部門52位です
ブログランキング
↑お役に立てたらポチット投票お願いします↑


※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]
プロフィール
HN: t.nehala
年齢:39
HP:t.nehala
性別:男性
誕生日:1977/10/11
職業:Photographer
趣味:写真
自己紹介:沖縄で活動するフォトグラファー
ブログ内検索
参加ランキング
バーコード
広告