忍者ブログ
沖縄で活動中のフォトグラファーt.nehalaの日記
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
つぶやき
新着コメント
[02/12 ティカ]
[02/12 PORCO]
[01/22 ろびん]
[01/22 野崎]
[01/21 のりちゃん]
Flickr
www.flickr.com
tomoya nehala's items Go to tomoya nehala's photostream
新着トラックバック
(11/08)
(03/06)
currentBlogList
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます

この間の記事はしつれいしました

さて、今日からまた気を取り直して皆さんのお役に立てるように
突然写真術!!』いってみたいと思います
今日は『構図』についていこうかな

構図によって写真は変わります!!

構図といっても色々あります。同じ被写体を、同じ位置から、撮っ
たとしても、その被写体を画面のどこに置くかによって全然見え
方が違ってきます。

写真の構図といっても特に決まりはありません。新鮮な

構図がいい場合もあれば、基本に忠実な構図がいい場合もあり
ます。『構図の考えは人それぞれで、本当に色々あります。
作者のオリジナリティーが最も出るのが『構図だと思います。

今日はその『構図の基本をいくつか説明したいと思います。

日の丸構図

もっともよく見かける簡単な構図です。読んで字のごとく被写体を画
面中央に置いて、出来うる限りに大きく、又は、広く写した物になり、
とても簡単に撮影する事ができます。確かに主題は、しっかりと伝わ
りますが、窮屈に感じられたり、閑散とした印象になる事もあります、
被写体の形状によっては、無駄な空間が出来て、主題が弱くなって
しまう場合もあります。

二分割構図

二分割構図
画面の中央から水平線と垂直線を引いて、被写体を分けて配置する構図です。被写体によってはどっちが主題かわかりずらくなりやすい構図です。


三分割構図

三分割構図画面内に対角線を引いて、別の頂点からその対角線に垂直な線を引いた交点を黄金分割点と言い、その4つの黄金分割点に対して、水平線と垂直線を引いて、その線を基準に被写体を配置する構図で、「黄金分割構図」とも言われています。
一般的な写真の構図では、構図の目安を決めるという目的から、画面の縦横を互いに均等に三分割した場合と同じに扱われる事も多いです。


さて簡単に説明しましたが、理解してもらえたかな?
今回はこの辺で。


ランキング参加中
残念ランキングDOWN写真部門245位です。
人気ブログランキング

残念ランキングDOWN写真部門49位です。
ブログランキング
↑お役に立てたならポチッと投票してください↑

 

※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]
プロフィール
HN: t.nehala
年齢:39
HP:t.nehala
性別:男性
誕生日:1977/10/11
職業:Photographer
趣味:写真
自己紹介:沖縄で活動するフォトグラファー
ブログ内検索
参加ランキング
バーコード
広告