忍者ブログ
沖縄で活動中のフォトグラファーt.nehalaの日記
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
つぶやき
新着コメント
[02/12 ティカ]
[02/12 PORCO]
[01/22 ろびん]
[01/22 野崎]
[01/21 のりちゃん]
Flickr
www.flickr.com
tomoya nehala's items Go to tomoya nehala's photostream
新着トラックバック
(11/08)
(03/06)
currentBlogList
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は家族で初詣
といっても、結婚して、家族で行くのは今回が初!!

毎年初詣に行こうと予定はするんですが、
雨だったり、体調崩したりしてて、
何となく日も過ぎて、行ってなかった・・・

でも今年は行ってきました
今日の沖縄めちゃくちゃ天気良くて

予定してた親戚まわり急にキャンセルになたので、
これはチャンス!!!
とばかりに成田山へ

でもね、めちゃくちゃ混んでて!!
到着するころには疲れてました。

みんな、毎年こんなことしてたのかと思うとすげー!!
って思っちゃいましたよ。マジで。

さて、前置きが長くなりましたが、
みなさん、お子さんの写真を撮るときにどうゆう風に撮られてますか?

お決まりのピースサインや、カチコチになった表情の写真が多い人っていませんか?

もっと自然な表情を撮りたいのにと思ってる人いませんか?

そんな人に、僕がお勧めの子供の撮影の方法を教えたいと思います。
(といってもたいしたことではないのですが・・・

話しかけて撮影してみる

僕が子供を撮影するときに実際にやってる撮影方法の一つに
話しかけながら撮る』とゆう方法をやってます。
最初は慣れないかもしれませんが、やってみると案外簡単にコツがつかめる撮り方です。

手順としては、

1.カメラや携帯のレンズを子供に向け自分が撮りたいサイズにズームを使い画面を合わせる。
このとき室内で暗い場合を除いてフラッシュはなるべく使わないようにして設定する。

2.液晶画面などを見ながら子供の動きに合わせてカメラや携帯も動かしてみる

3.カメラや携帯を向けたままその状況に応じて子供に笑顔で話しかけてみる。
例:「○○くんはいまなにをつくっているの?」「それおいしい?」など、そのまま会話を進めていく。

4.液晶画面などを見ながら、これはいい!!と感じたらシャッターを切る。
1枚だけ撮って終わるのではなく続けて何枚も撮ってみる。

はじめはカメラを向けられた子供達もカメラを向けられていることに興味を示したり
レンズを覗き込んだりとカメラを意識するかもしれません。
ですがある程度続けいくと「カメラ慣れ」してきます。
その時からがナチュラルな表情を撮るチャンスです。
ここぞというシャッターチャンスは一瞬です。逃さないようにがんばります。

※出来るだけ自然光で!!

フラッシュをなるべく使わないのは、自然光や室内光だけで撮ったほうが動きが自然に写るからです。

フラッシュは一瞬の間昼間と同じような明るさを作り出しその瞬間に写真を撮ります。
なので、動きや表情がどうしても凍り付いた感じに写ってしまいます。
どうしても暗い室内でフラッシュがないと撮れないときを除いて
フラッシュを使わないで撮ることをお勧めします。

010207.jpg
使用機材:
mobile telephone SO506i


ランキング参加中
ランキングUP!!写真部門212位です。
人気ブログランキング

残念ランキングDOWN写真部門43位です。
ブログランキング
↑お役に立てればポチっと投票お願いします。↑

 

※ この記事にコメントする
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
PR
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]
プロフィール
HN: t.nehala
年齢:39
HP:t.nehala
性別:男性
誕生日:1977/10/11
職業:Photographer
趣味:写真
自己紹介:沖縄で活動するフォトグラファー
ブログ内検索
参加ランキング
バーコード
広告